赤鯱グラと黒鯱クー

アクセスカウンタ

zoom RSS 審判問題

<<   作成日時 : 2005/09/05 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

以前「サッカーダイジェスト」のコラムのページに、
藤田がオフサイドのルール改正について書いていた。
判定を巡って悔しい思いもラッキーな思いもするが、
最終的には同じくらいのバランスになる、という主旨。
今回の横浜戦のPKも、横浜側からすれば、
開幕の不運なハンドと今回のラッキーなPKで、帳尻が合ったということだろう。
それは、そうだと思う。
人間にジャッジを委ねている以上、幸運も不運も巡ってくるものだろう。
問題は、試合の勝敗をジャッジのせいにすることではないか。
もちろん、今回の判定に、クラブも選手も特に何も言ってはいないようだが、
ネットの掲示板を見ると、審判批判は甚だしい。
私自身、今回のPKには、ああだこうだ言った。
今回の試合にしても、あそこでFKを与えていなければ、
もっと優位に試合を運んでいれば、
と反省することは山ほどあるはずだ。
勝敗をジャッジのせいにせず、
ジャッジの一つ一つで揺れない、
そんなタフさが欲しい。
それから、同じジャッジでも、○○審判ならしょうがないと思え、
△△審判ならおかしいと思うことこそ、改めるべきことだ(自戒をこめて)。
もちろん、審判にも日々研鑽してほしいとは思うけれど、
私たち見てる側が初めから色眼鏡で、一つ一つのジャッジにブーイングしたら、
それこそ試合を壊すかもしれない。
審判がいなければ、試合はできない。
かといって、アメフトのようにもなってほしくない。
難しい問題だけれど、あまりネットの世界の言葉に流されないように、
自分の頭で考えないと、と思っている。

(実は、息子と「あの審判はああ」「この審判はこう」と文句ばかりつけていたら、夫に諭された。今回は、その反省文。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
審判って大変ね
誤審でW杯アジア予選5位決定戦やり直し 退場の大宮トニーニョ、処分変更へ 審判だって人間だもの、間違いやミスはあるでしょう。 でも、簡単に誤審を認めてしまったら、 こと細かいミスでも選手やサポーターから 「あれコレ」言われてしまう。 そして、審判の威厳がなくなる。 だから簡単には誤審と認めない。 そ... ...続きを見る
しんたまごブログ
2005/09/07 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
人間のやる事だから、間違いがあって当たり前だと思います。

僕個人的には、運、不運の話で片付けるのではなく、
主審が試合をつくるものであって欲しいと思います。

今節のマリノス戦で、主審の吹いた笛は、ゲームの面白みを壊さないものだったのか、
ゲーム進行上、無駄ではない笛だったのか、そこが重要だと思います。

主審にたいする批判も、誤審に対してのものであるとするならば、
それは、検討はずれでしかりです。

そこに腹を立てるのであれば、相撲やアメフトを見れば良い。
ジャッジングも含めてサッカーを楽しむ心意気が感じだと思います。

うちの娘達には、懐の大きい子になって欲しいと思ているので、
そんな風に悟そうと考えております。

ちなみに最近、"パパたばこ臭い"って言われてます。
それ以前の問題でつまずいております。(泣)
ぐらぱち
2005/09/05 23:44
確かに人間には間違いが付き物。
強いチームはそれでも勝ち続ける。
初めから○○審判だ、と偏見しない。

そんな気持ちはいつも持ち続けています。

しかし、2点だけ。

・一生懸命プレーした選手が
 誤審1つで報われなくなる

・最近、誤審のせいで試合中に
 心底から無気力感になる
 (こんなジャッジじゃ真剣に応援できないという気持ち)

があることだけは言わずにはいられないです。
しんたまご
2005/09/07 00:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
審判問題 赤鯱グラと黒鯱クー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる