テーマ:日本代表

W杯アジア3次予選北朝鮮戦は麻也が救った!!

どうもグラの選手がベンチにすらいないとなると……関心はかなり薄い。 それでも、まあ気にはなるので、片手間で見ていた。 グラの選手はいなくても、元グラの選手は気にはなる。 それも、グラ生え抜き、ユース出身となると、やっぱり違う。 そう、麻也!! なんかスタメンに定着しちゃって、出世したなぁと感慨深い。 その麻也が、終了間際にゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早すぎる訃報

松田直樹選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 今帰ってきて、夕刊見たら訃報が……。 早すぎるよ。 最近の代表選手は、マジメで小さくまとまっている選手が多い中、 松田選手は違った。 皆が逸脱することなく、監督の言うことだけを聞いていたら、ピッチの中でいざという時、固まってしまう。 そんな中松田選手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チームメイトの声が聞こえてこないゾ

楢さん代表引退のことについて、チームメイトはどう受け止めたのか、とても知りたいのに、 ブログを書いている選手からはいっこうに伝わってこない。 それは、「自分は代表でもないのにとても感想など言えない」ということなのか、 あるいは、「重々しくて簡単に書けることではない」ということなのか…… そんな中、やっと見つけた。 「雨と合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楢﨑が日本代表引退表明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000129-mai-socc やっぱり…… 来るべき時がきた。 長い間、お疲れ様でした。 「印象に残る試合は「(一つに)決めきれない。すべて僕の身になった。」 とは、楢さんらしい。 本当に、お疲れ様でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリンチャレンジカップ「日本×グアテマラ」

ニッカンに「楢崎、名古屋専念 代表に区切り」という記事があり、真偽のほどはわからないけれど、とにかく今夜は見なくては!と思い、しっかり見た。 まず、しっかり見ようと思えば思うほど、実況・解説の声が耳障りでならない。 そもそも、あれを「実況・解説」と言えるのか!? 香川は今年ドイツへ移籍したとか、長友は今年セリエAに移籍したとか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南ア大会の日本の頑張りの要因は闘莉王の言葉じゃないかな。

日本代表が帰国した。 出発の時はたいして注目もされなかったのに、手のひらを返したようにキャーキャー騒がれていた。 どうか、一時的なものではなく、この後もJリーグのスタジアムへ足を運んでね。 南ア大会で初めてサッカーの魅力にとりつかれた人が、さらに熱い視線をスタジアムに向け続けることで、サッカーも向上すると思う。 残念ながら闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巷にあふれる「本田圭佑」

これまでサッカーなど興味もなかった人が、W杯南ア大会の日本代表選手の誰の名前を覚えたか? それは、もちろん「本田圭佑」なんだろう。 先日、姪っ子が本田の名前を口にし、美容院へ行けば本田の話題が出、 これまで「本田圭佑」という名前を全く知らなかった人が、こぞってその名を口にする。 で、「本田って、名古屋グランパスにいたんだよ」と言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【W杯】パラグアイ×日本(ラウンド16)

ドローでは終われない、だから失点したくない。 両者ともそういった、あまりリスクをおいたくない戦い方。 芝の状態も悪いのか、ミスも目立ち、 途中睡魔に何度か負けそうになるも、 ピンチをしのぐ場面で眼がさめた。 0-0で延長に。 ハンドの判定が厳しい。 それでも、0-0。 PK戦へ。 なぜかベンチコートを脱がされて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【W杯】ラウンド16始まる

ここからがW杯、ということをよく耳にする。 実際、予選通過は織り込み済みという国は、 予選は7~8分の力で流し、 ラウンド16になってギアを入れ替えてきたというように見受けられる。 韓国は、それでも惜しかった。 予選では、韓国が先に勝って、日本も続け!!という流れだったので、引っぱってもらえないのが気がかり。 何より、南…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「Jリーグをもっと盛り上げていきたい」

デンマーク戦後のオシムの言葉。 『オシムの伝言』公式ブログにある。 http://info.osimnodengon.com/?eid=105#sequel 代表のサッカーはJの集大成であり、代表のがんばりはJに還元されるものであろう。 地上波(特に民放)は、日頃Jのことなど取り上げないので、 地上波でW杯を見ている人たち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【W杯】デンマーク×日本 3得点で決勝トーナメント進出!!

本田のFKはブラボ~☆ 遠藤のFKもブラボ~☆ 相手がとにかく高さを生かした攻撃をたたみかけてきて、いつ1点取られてもおかしくなかった。 そんな中取られたPK。 いったんは川島が防ぐも失点。 惜しいゾ、川島。 5バックにしてますます押し込まれるも、岡崎の追加点(本田のお膳立て)☆ とどめをさした。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【W杯】デンマークに勝つゾ!!

明日明け方の勝利を期して!! (必勝カツ☆) さて、 Jにいた選手、とりわけグランパスにいる(いた)選手は気になるもの。 ジョンウは、決勝トーナメント進出を決め、 ケネディとストイコビッチ(セルビアGK)は、ともに決勝トーナメント進出を逃す。 また、 アメリカは劇的な勝利。 スロベニアはシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【W杯】オランダ×日本

残念!! 1-0で負け。 でも、相手はオランダ。 1点くらい取られるのは想定内。 最少失点で終えられたのはよかった。 これでデンマーク戦に望みをつなげられた。 日本にも得点のチャンスがあったので、そこで決められていたら。 決められる少ないチャンスをものにした方が勝ったということ。 デンマーク戦では、日本が決めればよい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【W杯】日本×カメルーン アウェイで勝ち点3☆

いろいろあったけれど、始まったら応援するしかない日本代表。 楢﨑じゃなくても、玉田が出てなくても。 川島も本田も元グランパスだし。 カメルーンこそいろいろあったようで、本調子じゃなかったにしても、 この本番、始まってしまったら言い訳はできない。 W杯は、内容より結果!! それも、アウェイで勝ち点3☆ この勝利は嬉しい。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国際親善試合 日本vsコートジボワール

イングランド戦と同じスタメン、ということは、これがベストということね。 楢﨑は残念だなぁ。 2失点した韓国戦が、闘莉王がいなかったのだから、「楢﨑・闘莉王・中澤」を一度でも試して欲しかった。 せっかく、頑張ってきたトリオなのに……。 ま、これが世帯交代なのね。 川島なら応援するけど。 で、闘莉王、またオウンゴール!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際親善試合 イングランドvs日本

楢﨑じゃない……まず、それがショックで…… 昨夜はどう気持ちを立て直して見るかが大事だった。 でも、川島はいい選手。 グランパス時代、楢﨑の下で腐ることなく練習に励み、 常に笑顔と闘志でもって味方を鼓舞し続けたその姿勢は、とても頼もしかった。 だから、川島でもいいのだ。 むしろ、日本サッカーのためには、ここで後進に道を譲るの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日韓戦について、もう一言二言三言……

昨日の日韓戦は、思い出しても胸が痛くなる。 W杯が近づき、テレビでもサッカーや日本代表が多く取り上げられる。 昨夜の日韓戦も、ふだんはサッカーを見ない人も見たかもしれない。 ふだんサッカーを見ない人が知っている代表選手といえば、中村俊輔なのではないか。 その「10」は、本当にいるのかいないのかわからず、さあタテに早く!という時に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キリンチャレンジカップ「日本 vs 韓国」

闘莉王がいなかった。 代わりに阿部。 なぜ岩政じゃない? 使う気はない? それにしても韓国は前への意識が強く、パク・チソンにやられてしまった。 日本はちまちまパスをまわし、なかなかシュートまでいけない(いかない?)。 つい、阿部翔平がいれば、一気に逆サイドに展開できるのになぁと思ってしまう。 組み立てようとしてか後ろに…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

魔の背番号

W杯の背番号が発表された。 グラ関係では、楢﨑が1、闘莉王が4、玉田が11。 元グラでは、本田が18。 この「18」が魔の背番号として記事になっている。 「過去のW杯で期待されながら不発に終わった先輩選手たちが背負った“因縁”のナンバーだ」とある。 http://sports.yahoo.co.jp/news/20100522…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナラさんを中心に☆

今の代表は……とか言って、全然代表に関心がなかったくせに、昨日を機にW杯モードになってきた^^ Jリーグがもう1節あるなんて、うそ~という感じ。 でも、落選した小笠原なんかが凄みを出してきそうで、実はとってもコワイのだが。 (敵にまわすと実にイヤな小笠原、なんで選ばなかったんだろう???) で、ふだんは見ないすぽるとなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楢﨑☆闘莉王☆玉田

この地域のNHKの「ほっとイブニング」では、「GO GO グランパス」の日。 それより先に、グラから選ばれたW杯メンバーのことがとりあげられた。 その映像。 玉田が一番嬉しそうな顔をしていた。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワールドカップメンバー23人決定(グラから3人!!)

GK  楢﨑 川島 川口 DF  中澤 闘莉王 今野 岩政 駒野 長友 内田 MF  中村俊輔 遠藤 中村憲剛 稲本 阿部 長谷部 本田 松井  FW  岡崎 玉田 大久保 森本 矢野 もしかしたら、川口入るかなぁとも思っていたから、ものすごいサプライズではない。 (え?川口ってまた怪我なの!?) 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表、このままでいいわけない!!

キリンカップ セルビア戦……なんなんだ、このグダグダは。 セルビアの立場になって見れば、全然こわくない日本の攻撃。 相手は国内組の2軍というのに。 W杯では推して知るべし。 得点できないこともさることながら、守備もいかがなものか。 まずは失点しない! そこから出発しないと、W杯で勝ち点1すらとれないよ。 いっつもいっつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス/宮崎隆司』

なんとセンセーショナルな題!! って、私もつられて買ってしまったけれど。 おもしろくてすぐ読んでしまった。 この本、岡田監督や代表候補の選手は読まないのかなぁ? 是非、感想や意見・反論を聞いてみたい!! 世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス?イタリア人監督5人が日本代表の7試合を徹底分析? (COSMO BO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア・カップ最終予選バーレーン戦

風邪なのか花粉なのか、のどは痛いし熱はあるしで、夢うつつの中で見たバーレーン戦。 なんでもベストメンバーじゃないとか。 格下(FIFAランク上)で、しかもベストじゃない相手をホームに迎え、こっちは海外組までよんでいる以上、勝つしかない!! ある意味プレッシャーのかかった試合? 本田が思った以上によかった。 90分フルで出ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア選手権韓国戦惨敗

今夜は日曜の国立、しかも韓国戦。 テレビに映る観客席はかなりうまっているように見えた。 簡単に勝てる相手ではないけれど、「W杯ベスト4宣言」をした以上、絶対勝たなくてはいけない試合だった。 闘莉王がPKをもらって先制したときは、ホッとしたけれど、それも束の間、逆に韓国にPKを献上し失点。 さらに相手選手のシュートが中澤に当た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア選手権香港戦……玉さん、ヤル~!!

自分が見にいった中国戦より悪環境。 テレビで見ていても、雨粒の大きさがわかる。 ケガしませんように……。 楢﨑がファンブルしませんように……。 それにしても、入りそうでなかなかゴールネットを揺らせない。 それをこじあけたのは、玉田!! 相手のミスをつき、うまかったねぇ。 そして、その後、闘莉王にまた玉田のゴール。 皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東アジア選手権中国戦……楢さん、サスガ!!

名古屋から4人も代表に選ばれているのだから、一度代表の試合を見てみようと思い、味スタへ。 以前と違い、代表のチケットを取るのもそう難しくないし(この試合だけ?)、 なんといってもW杯イヤーだし。 結構楽しみにして行ったんだけど…… 確かに、先日のベネズエラ戦の内容からして、推して知るべしだったんだけどね。 それにしても………
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キリンカップ「日本vsベネズエラ」

親善試合の代表戦は、グラの選手が出ているか否かで関心が違ってくる。 この試合は、久々に楢﨑登場!! 正直これくらいしか関心がなく…… いくら闘莉王が「名古屋の」とはいっても、まだそんな感覚はなく、 夢生も同様。 肝心の玉田はベンチにも入ってないしで…… で、あまり仕事のなかった楢﨑。 それでも、けがすることなく無事に無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more